トピックス
トピックス
作成日:2017/02/02
【労働法】厚労省 平成29年度の雇用保険率の案を公表



1月末日に「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が国会に提出され、そして、その改正法案には“雇用保険率の引き下げ”が盛り込まれています。

この改正法案について、厚生労働省から、雇用保険率の引き下げの部分のみを取り上げたリーフレットが公表されました。

これには、改正法案が修正されず成立した場合の雇用保険率(雇用保険料率)が示されています。なお、その率は、告示で発動される予定の弾力的変更のことも加味したものとなっています。

たとえば、一般の事業では、次のように1000分の2(労働者負担分、事業主負担分、各々1000分の1ずつ)の引き下げとなります。
・平成28年度……………1,000分の11(労働者負担1000分の4、事業主負担1000分の7)
・平成29年度(案)……1,000分の9(労働者負担1000分の3、事業主負担1000分の6)

ほぼ確定した内容ということで、このようなリーフレットを公表したものと思われます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
・平成29年度「雇用保険料率」を引き下げるための法律案を国会に提出しました
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000150093.pdf

 


 

  Pマーク100ROBINS

 null
社労士法人ジェイズ事務所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-11-5
     アクティブ新宿3F
 TEL:03-5365-2355
 FAX:03-5365-2356
 
 

電子申請


個別労働紛争

リンク

パワハラ

こころの耳

マイナンバー

ROBINS