トピックス
トピックス
作成日:2017/01/17
【労働経済】間もなく国会召集、まずは予算案の審議



第193通常国会が、今月20日に召集されます。

「組織犯罪処罰法改正案」「働き方改革関連法案」などで与野党の対立が予想され、荒れ模様の展開となりそうです。

その他にも重要法案が目白押しですが、行政を円滑に進めるためには、まずは「予算」、ということで、政府・与党は、重要法案の審議の前に、平成29年度予算案などの年度内(3月まで)の成立を目指しているとのことです。

平成29年度厚生労働省予算案(一般会計)の全体像をみると、平成29年度の予算案は総額で30兆6,873億円で、平成28年度の当初予算額と比較すると、3,763億円の増額が予定されています。


そして、この予算案は「ニッポン一億総活躍プラン」が策定されてから初めての予算であり、「新三本の矢」、「働き方改革と生産性向上」に沿った施策に焦点を絞り、必要な予算措置を行うとしています。

たとえば、生産性向上に向けた労働環境の整備の一環として、最低賃金全国加重平均1,000円達成に向けた中小企業の支援の拡充や、人事システムの改善を通じた賃金引上げの環境整備に対する助成の創設なども含まれています。

具体的な措置は、これから取り決められ、予算案の成立又は新年度に合わせて実施されるという流れになると思われますが、効果的で、企業にとっても、従業員にとっても、希望が持てる措置を講じて欲しいものです。

平成29年度厚生労働省予算案の全体像やポイントについては、こちらをご覧ください。
・平成29年度予算案の全体像
http://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/17syokanyosan/dl/shuyou-01.pdf
・平成29年度予算案のポイント
http://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/17syokanyosan/dl/shuyou-02.pdf


 

  Pマーク100ROBINS

 null
社労士法人ジェイズ事務所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-11-5
     アクティブ新宿3F
 TEL:03-5365-2355
 FAX:03-5365-2356
 
 

電子申請


個別労働紛争

リンク

パワハラ

こころの耳

マイナンバー

ROBINS